スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




高齢者向け住宅に活路を見出す?



マンション建設を主軸に事業を展開している不動産関連企業が厳しい状況に追い込まれてます。


マンション需要が伸び悩んでいるからですが、そこで同業界であらたに注目されているのが
「サービス付き高齢者向け住宅」でして、少子高齢化が進むため需要拡大を期待しています。



「一部転載:医療介護CBニュース」

『介護上場企業、大手優位が鮮明に-11年3月期決算』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110627-00000003-cbn-soci


■高齢者住宅へのニーズ、高まる可能性も


「サービス付き高齢者向け住宅」の創設を盛り込んだ改正高齢者居住安定確保法(改正高齢者
住まい法)が今年4月に成立したことも、各企業の動向に大きな影響を与える可能性がある。


柳平氏は、高齢者住宅を展開する際に事業者が優遇税制や補助金を受けられる点をメリット
に挙げ、「今後は高齢者住宅業界がさらに活性化するだろう」と分析する。


実際、介護付有料老人ホームをメーンに手掛けるメッセージは、高齢者住宅「Cアミーユ」の
供給数を今後5年間で約5倍の1万室(200棟)に拡大する方針を発表している。


また、渡辺氏は、現在の介護保険制度の枠組みの中において、中・低所得で要介護度の高い人
向けのサービス量が圧倒的に足りないと分析。


今後はこれらの層を中心に中度の要介護者の需要も高まるとみて、高齢者住宅や低価格の有料
老人ホームへのニーズが増すと指摘する。


特に高齢者住宅は「介護サービスに比べてビジネスモデルがつくりやすい」こともあり、建設
や不動産を手掛ける企業の参入が続出することも考えられるという。

続きはコチラから⇒


私の家の近くにも3~4年前は雨後のタケノコのように小規模の介護関連の事業所や施設が乱立
しましたが、大手のように効率よく事業を展開できないため、苦しい状況に追い込まれてます。


大手不動産関連企業は、ビルを建てるだけでなく、同事業にも参入することを検討しているよう
でして、今後この業界も過当競争が激化することは間違いないようです。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : サービス付き高齢者向け住宅

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。