スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産バブルの誕生から崩壊するまで


不動産投資の投資効率を飛躍的に高めるために、レバレッジを用いて物件を取得していく方法があり
ます。取得した物権を担保に融資を受けて次々と物件を取得していくわけです。


これによってて飛躍的に収益を高めることができます。そして、キャッシュフローが高まることによって
次の物件を取得するにあたって、必然的に条件が良くなっていきます。


ですので、自己資金を極力かけずにキャッシュフローが高い物件を取得していくことによって、急速に
資産を拡大させることが出来るので、体外的な評価も上がります。しかし、注意しなければならない
点があります。それは景気によって融資が左右されてしまうからです。


景気がよいときには、銀行は融資してくれます。こちらから頼んでいなくても積極的に融資してくれるの
です。同じように他の業者も銀行側のバックアップを受けて積極的に優良物件を取得します。


このため、物件価格が急速に上昇することになります。バブルが一気に進むわけです。なぜなら、儲け
られるうちに儲けて逃げようと考えるからです。勢いは自分たちでは止められないのです。


しかし、バブルはいずれ崩壊します。「あっ、そろそろやばいぞ」と、銀行側が訝りだしたら終わりです。
融資の規模を次第に縮小していきます。そうすると、急速に不動産市場が縮小していきます。


縮小していくということは、所有している物件の評価が下がっていきます。また、銀行の融資が受けられ
なくなるので、キャッシュフローが一気に悪化して、経営が苦しくなります。そうなると大変です。


所有している物件を売って運転資金に回そうとするのですが、すでに他の会社も同じような状況にある
ため、投売り合戦が過熱します。そうなると、さらに物件価格が下がります。こうしてバブルが崩壊する
わけですが、株でも同じなのですが、加熱しているときに買うとそれが大きな負債となります。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。