スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産の証券化の仕組みについて



今回は、不動産が証券化されるまでの仕組について簡単では
ございますが、解説させて頂きたいと思います。


まず、今現在、売却を検討されているビルがあると仮定します。


資産価値はおおむね1000億円程度とします。そして、事情が
あって早急に売ってしまいたいとしております。



しかし、規模が大きいため不動産関係者から買い手はすぐには
見つからないと再三にわたっていわれています。



上述したことが、不動産の大きなマイナス的特徴・特性とされる
低流動性、大口の典型的な例です。そこで、希望額で売りやす
くするために小口にわけて売る証券化を考えました。



証券化には、そのための特別目的会社、一般にSPC(Special
Purpose Company)やSPV(Special Purpose Vehicle)とよば
れる会社に一旦売却します。



そして、そのSPCもしくはSPVがその不動産を証券化して、市場
に出します。こうした不動産の証券化が可能になったのは、SPC
法と、より使いやすく改正した資産流動通化法のおかげです。



こうしたことによって日本国内におきましても、この特別目的会社
を設立することができるようになったためです。



投資ヴィークルともいわれているSPCは、すでに日本でも沢山
設立されており、実際に大手企業の本社ビルを証券化するとき
の受け媒体として活躍しております。



現状では、資産流動型の証券化商品は主に社債などとして発行
されています。また、機関投資家向けに私募で販売されるケース
が多く、プロ向きの商品とされています。


【情報満載】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資ヴィークル SPC法 不動産証券化

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。