スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産取得の為のレバレッジについて


レバレッジ(Leverage)とは日本語に直訳しますとテコのことです。テコの原理を用い
ることによって小さな力でも大きなものを持ち上げることができます。



投資では小さな資金でより大きな投資をするためにレバレッジを用います。不動産
投資の世界だけでなく株式、為替、先物でもレバレッジを用いることでボリュームの
ある投資を行うことができるのです。レバレッジの用途は以下のとおりになります。



基本的にが実際に不動産を取得するための資金調達の手段には株式(投資
口)以外に債券の発行や金融機関から融資を受けるのが一般的とされています。



こうすることによって、少ない資金(自己資金)であったとしても数十億円、数百億円
するとされる不動産を取得することが可能となります。そして、大きな利益をもたらす
レバレッジ効果を得ることができるわけです。



投資リスクを第一に考えた場合、負債がないREITのほうがよく見えるかもしれません
が、ある程度の配当利回りがなければREIT株としての魅力がそがれてしまいます。



そこで自己資金を減らして、高収益の物件を取得し、できるだけ高い利回りを目指しま
すので、こうした場合には投資活動がしっかりと上手くいっている場合には負債も大き
な財産となるわけです。この点がREITを評価する大きなポイントです。


しかし、いつでもこうしたレバレッジ効果をえることができるかと問われれば残念ながら
そういうわけにはいきません。銀行をはじめとした金融機関が融資に対する規制をかけ
れば資金を調達することができないからです。



スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。