スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産投資がインフレに強い理由

今現在、メディアで報道されている日本の借金は国と地方を合わ
せて約1000兆円あるとされており、たった10年の間に2.5倍にも
膨れ上がることとなってしまったのです。



また、日本の歳出は約82兆円に対して、税収とその他の収入は
約57兆円程度しかないので、足りない分は国債を発行すること
でなんとか賄っている状態にあるわけです。



国債は、ようは借用書で、「色をつけて返すからお金を貸してよ」
と機関投資家や個人投資家から資金を調達します。



来年以降国債の発行を減らすようなのですが、一体、どのように
しててこの借金を返済するつもりなのか・・・・・。



政府はやりたくてやりたくてしょうがないのが増税ですが、衆院選
を控えているので今年一杯は増税を控えると思います。



上述したような手法以外では、インフレを起こすことでお金の価値
が目減りすることで、返済額を減らします。



これまで1000円で買うことができた商品が、1万円ださなければ
購入することの出来なくなってしまうといったように、お金の価値
が10分の1になることで上述したことが可能になります。



こうなると、困るのは国民で、老後のための蓄えがである貯金の
価値が目減りしてしまう上に物価は上昇します。



今のところ上述したような10分の1までに価値が目減りするイン
フレにはならないと思います。しかし、原油高による物価の上昇
が今後も続けばインフレ化を抑える有効な策は限られています。



ですので、インフレ時には定期預金のようなインフレの影響を受
けやすい資産ではなく、インフレに強い不動産への投資が、より
重要視されるわけですが、問題もあります。



金融機関の融資が今現在、米国市場の金融不安受ける格好で
融資を制限する傾向にあるようです。



また、不動産を所有する場合はインフレが起こった場合でも、
それに応じて賃料そして物件価格も上昇するとされていたの
でインフレ時に不動産投資は強いとされていました。



これまで通用した方法論が通用しなくなる場面に多く遭遇する
のですが、お金が有り余ってしょうがないというのであれば別
ですが、やはりしばらくは静観する必要があると思います。


【情報満載】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

キャピタルゲインとインカムゲイン


依然として、米国の金融市場および住宅市場が改善されていな
いため、世界中が金融不安に揺れています。



一日も早く改善されることを願うばかりです。今回はREITへの
投資から得られる収益の仕組みについて解説させて頂きます。



REIT(リート)への投資で得られる収益の種類には、キャピタル
ゲインとインカムゲインの2種類ございます。



まず、キャピタルゲインについてですが、キャピタルゲインは、
REITを購入し、価格が上昇することで得られる利益です。



反対に、REITの価格が下がり、損益が生じることをキャピタル
ロスといい、できれば避けたいところです。



例えば、REITを40万円で購入したREITが50万円で売れたと
仮定しますと、10万円のキャピタルゲインが得られます。



一方、REITを購入し、ある一定の期間保有することで得られ
る分配金をインカムゲインといいます。



REITの魅力は、株式にあたる配当金が高いことで頻繁に売買
を繰り返さなくても安定した収益がえられます。



例えば、50万円で購入したREITから3万円の分配金があった
と仮定した場合、3万円のインカムゲインを得たことになります。



残念ながら、サブプライムローン問題の影響によって、これまで
右肩上がりで上昇していたREITの価格も大きく下がっている状
態にあり、短期間でキャピタルゲインを出すことは難しいです。



しかし、不動産市場は活況となっており、オフィスの賃料などは
値下がりしていませんので、REITの収益はあまり変化がなく、
多くのREITではインカム・ゲインは得ることができます。


【情報満載】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産市場 REIT

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。