スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ダイナミックDCFで評価する仕組み

今現在、DCF法をさらに進化させて、不動産金融工学の学者の間で注目されていますの
がダイナミックDCF法です。不動産と金融商品ではもともと資産特性が異なります。



そこで、より多様なリスクや環境要因に影響を受けやすい不動産ならではの評価法として、
不動産リスクの特性を的確に分析したうえで、計算する方法が不動産の証券化など収益
性重視の不動産を鑑定する上で必要とされています。



なので、不動産がもつリスクを理解した上で将来のキャッシュフローと将来の売却価格、
そして割引率を科学的に決定したいという思いから生まれたのがDCF法です。また、それ
らをさらに進化させたのがダイナミックDCF法というわけです。



(不動産投資信託、不動産ファンド)が所有している物件がどのような評価法を用いて
分析されたのか知る必要があります。収益性を無視した評価法を用いて評価されても意味
がありません。なので、REITを選ぶさいにも重要な指標となることが予想されます。



特に、世界的に金融危機が広がっている状況下では景気が回復に向かうまでに相当長い
時間を要することが予想されているので、収益性の低い物件を掴まされるのは誰もが避け
たいところです。そのためにもDCF法に注目が集まるのは良いことだと思います。



これまでは、リッチと見た目だけで判断して投資してしまったため、負担によるしあよせが
大きく、実際に入居者が少なく経営に大きな問題を生じることにもなりかねません。



スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。