スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITと私募ファンドの利回りについて

依然として不動産市場は厳しい状況が続いています。不動産物件価格は低下に歯止
めがかかっていません。また、銀行融資が厳しくなっているため、不動産ファンド中に
は資金調達のために所有されている物件を手放さざるえない状況にあります。



これまでですと、収益面でかなり劣とる物件から売りに出されていたのですが、不況が
長引いたことにより、優良物件も手放さざるえない状況にあります。



そんな中、今回はREIT(リート私募ファンドどちらへ投資する方が良いのか、具体
的に比較しながら解説させて頂きたいと思います。



REITの魅力は何といっても流動性の高さです。東京証券取引所上場しているため、
証券会社を通じて個人投資家は簡単に売買することができます。



一方、私募ファンドはファンドとの相対取引となりますので、流動性は低い上に長期間
にわたって保有しなければならない物が少なくありません。



このため、私募ファンドは売りたいときに売れないことから、絶好機を逃してしまうことに
なりかねません。一方、REIT(リート)と私募ファンドの利回りについてですが、利回り
に関してはREITよりも、圧倒的に私募ファンドの方が良いです。



分配金一つとってもREITが5%前後であるのに対して、私募ファンドは10%前後あり
ますし、基準価格の上昇が期待できるものが多いのも特徴です。



同じ不動産ファンドでありながらREIT(リート)と私募ファンドでは特徴がそれぞれ異な
りますが、一般の個人投資家にはREITの方が向いていると思います。



スポンサーサイト

テーマ : J-REIT
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : リート

REITの資産が成長する要因について


リート(REIT)への投資に限らず、株式や投資信託などの金融商品へ投資するのは商品
の成長性を期待して投資するわけですので、なぜリートの価格が上昇するかといった
基本的なことをしっかりと把握する必要があります。



リートの運営が上手くいっていることはもちろんですが、それだけでは現状維持するの
が精一杯ですので、投資家が望むような成長をすることはできません。



リートが成長するための要因の一つとして新規に物件を購入することがあげられます。
そうすることによって単純にリートの資産は拡大します。



また、所有する物件の数を増やすことによって単純にリスクを分散することができます
ので、仮にAという物件のテナントが大量に退去してしまって収益性が落ちたとしても、
そのほかの物件がカバーするので全体の収益性の低下を抑えられるのです。



そして、購入前に期待されていた収益性を得ることができればリートは成長し続ける
ことができますので、投資家から積極的な買いが入ることになります。



好景気に好景気時の取り組み方がありますし、不況時には不況時ならではの取り組
みがあります。好景気時は完全な売り手市場ですので、収益率をあげることができま
すので、物件を購入するエネルギーが高まります。



一方、不況時には全体的に収益性が下がりますので、場合によっては物件を売却し
てリートを運営するための資金を確保しなければならなくなります。



しかし、不況期には安値で優良物件を格安で仕入れることができるチャンスでもありま
すので、この時期に良い仕入れができたリートはその後飛躍する可能性が高いです。



勿論、財閥系不動産関連会社の傘下にあるような企業以外は潤沢な資金を確保する
のは難しいのですが、不況期にも不況期ならではのチャンスが沢山あります。



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : REIT

国土交通省から発表される指標は要確認


REIT(リートへの投資は、テクニカル指標を駆使して株価の動きを予想しながら投資
判断を下すのも、勿論大切なことですが、不動産市場の動向を常に把握することも
非常に大切ですし、けっして無視することはできません。



また、国土交通省から発表される不動産市場に関連した指標や、法改正および新し
い法が施工される時の発表も必ずチェックされることをオススメします。



基本的に法が改正されることによって、不動産市場が活性化されるケースはあまり
見受けられません。反対のケースがほとんどだと思います。



不動産関連会社は対応に追われ、上手く対処できないところは淘汰されてしまうの
で無視することができないのです。最近の例では耐震構造の偽装事件により、法が
大幅に改正されることとなり、着工から完成まで時間が大幅に取られます。



そうなりますとコスト高になりますが、大幅なコストダウンができませんので、必然的
に利幅が削られることになりますので、経営がしだいに圧迫します。



実際に破綻に追い込まれるケースも少なくありません。不動産業界に対して大きな
問題となります。そして、大手不動産関連企業の傘下にあるREIT銘柄が多いので
当然のことながらREIT市場にも何らかの影響をおよぼします。



ですので、国土交通省から発表される不動産に関連した指標および法に関する案件
は必ず確認するように心がけてください。



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : リート

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。