スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITはしばらく様子見に徹するべき


不動産市場が低迷してる中で中国人投資家が日本の不動産物件を積極的に買っているようです。
観光だけでなく、不動産市場でも中国人によって支えられている部分が小さくないようです。



しかし、こうした状態がこれから先もずっと続くわけではなさそうです。これまで中国の株式
市場や不動産市場は飽和状態にあり、崩壊寸前だと指摘する声が少なくありませんでした。



問題はいつそれが訪れるのかということで、大方は上海万博が閉幕する前後だと予測していま
したが、来月31日に閉幕しますので、いよいよファイナルカウントダウン迎えます。



まず、株式市場が牽引する格好で暴落することになり、それに引っ張られる格好で不動産市場
が大きく低迷すると思います。ですので、タイムラグが生じると思います。



そうなりますと、売りが売りを呼ぶような格好で不動産に関しては底を打つまで相当の時間が
かかると思います。そして、中国発の金融危機が広がることになります。



日本も当然のとことながら大きな影響を受けると思います。中国人投資家が買い支えていた
国内の不動産市場も大きく低迷することになると思います。



残された時間はそう長くないと思います。ですので、保有されているREIT株を売却されることを
オススメします。個人的な思いを言わせてもらうと、先日振興銀が破綻してペイオフが実施され
ることとなるも、大口の預金者が混乱している模様がテレビで流れていました。



あれは近い将来を案じさせるものだったと思います。ニュースで木村剛氏が逮捕された時点で
解約していれば一銭も損せずにすんだのですが、そのまま放置してしまったがために、大きな
損失を蒙ることになってしまったのです。そうならないためにも早めに売るべきです。





スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : REIT 不動産ファンド

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。