スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産評価法のDCF法の仕組と特徴

不動産投資におきましてキャッシュフローを重要視する動きが高ま
ったことによって、不動産に関する評価法が、従来と比較しますと
大きく変わることになりました。



そして、従来の地価重視の価格評価ではなく、その不動産の収益
(キャッシュフロー)性そのものを重視した収益還元法があります。



今現在、これらが、REITで不動産を取得するようなケースで評価
が行われる際に用いられております。


ただし、収益還元法の中にもいくつかの種類がございます。


そして今現在、金融機関や不動産関係者のなかで主流となりつつ
ある評価法が、DCF(Discounted Cash Flow Method=割引キ
ャッシュフロー法)とよばれている評価法です。



こうした評価法を用いることによりまして、不動産の収益率をある
程度正確に求めることが可能となります。



そして、こうした取り組みがより活発化することにより投資家保護の
意味合いが強まりますので、不動産投資への信用度も高まります。



今現在、色々な分野において信用が問われる時代になっているだけ
に、上述したような評価法の発達と促進が加速することを願います。


【情報満載】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



テーマ : J-REIT
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資 キャッシュフロー REIT

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。