スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REIT投資が安定運用が可能な理由



株式市場では上場している個別銘柄の株式の値動きは目まぐ
るしく動き、まさに一瞬一瞬が勝負なといってもよいでしょう。



特にネット取引が主流となった昨今では、そのスピードはさらに
加速した感があり、しかも、その変動は速いだけではなく、値動
きの幅が大きいことも特徴です。



その結果、うっかりしていると、大きな利益を得るチャンスを逸
するだけではなく、逆に極端に値下がりして大きな損失を被る
危険性も十分考えられるので注意が必要となります。



しかし、一般の投資家にとって、そうした変動(ボラティリティ)
はあまり激しすぎないことが望ましいのではないかと思います。


REITは、そうしたボラティリティの低い金融商品です。


といいますのも、例えば株式であれば、もし市場の期待を裏切
るような決算内容を発表したり、企業にとってマイナス材料が報
じられると株価が大幅に下落することが少なくありません。



一方、家賃収入が大きな収入源であるREITの場合、投資対象
は全て不動産ですから、テナントのほとんどが逃げてしまうよう
なことででもない限り、収益は基本的に安定しています。



また、3年後に物価が上昇したからといって家賃収入が2倍、3倍
になることはありませんので、突然高騰することはありません。



しかし、その反対に家賃が暴落することもございません。こうした
意味で、REITは非常に安定した収益を生む仕組み、つまり価格
の変動も株式に比べると極点に小さいといえます。



投資対象を選ぶ際に、ハイリスク・ハイリターンを狙うのではなく、
安定性を重視される方には、この低いボラティリティであるREIT
は、とても、魅力的な商品だといえるのではないかと思います。


【情報満載】 不動産投資のことならHOME'S(ホームズ)!




※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。