スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




金融商品の格付けの仕組みについて


格付は国債や社債などの金融商品についてどの程度確実に元本や利息が支払われるかといった
安全性を審査し公表します。格付けを行なうのは、ムーディーズなどの格付け機関です。



2007年にサブプライム問題が浮上してからというもの、格付けに対する信用度が急速に落ちて
いますので、何らかの対策が必要です。今回は、格付けに関する仕組みについて簡単では
ございますが、解説させて頂きたいと思います。



格付けには2種類あり、まず債券などの発行者の依頼に基づき行なわれるものと、格付け機関が
勝手に行なうものがございます。投資家によっては格付けが重要な投資基準となります。格付け
が高ければ高いほど安全性が高と判断することができるため、投資が集まることとなります。



また、仮に格付けが低い場合でも利回りが高ければ、それなりに投資家からの投資を集めること
ができます。しかし債券を発行する企業や機関からすれば高い格付けを取得することができれば
低い金利で資金調達が可能となります。



今後はREIT(不動産投資信託、不動産ファンド)についても今後の市場規模の拡大とともに
格付けが有効とされると思います。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : REIT 不動産ファンド

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。