スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




首都圏新築戸建成約件数3期連続減少



【REITが分る不動産ファンド入門】


平成19年上半期の首都圏の新築戸建市場動向がアットホームから発表
されたのですが、今回もあまりぱっとしません。


今年1月から6月における成約件数は10,641件に達することとなりました。


前年同期比16.4%減少となり、これで3期連続の減少となりました。


実際には全地域で減少となり、特に地価上昇にともない評価が急激に
高まっている東京23区が1,379件で前年同期比マイナス25.6%と大きく
減少することとなりました。



平均成約価格は、3,674万円で、前年同期比6.2%上昇することとなって
おり、調査した全エリアで上昇したもようです。


 
また、おもしろい現象として、駅からの所要時間別による調査におきま
して「20分超・バス便」での供給が増加するも需要は減少しています。



土地がなく、しかも上昇しているからだと思いますが、市場のバランスを
崩さない程度に供給を絞ってもらいたいものです。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※REITへの投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。 

REITへ 投資する前に各企業、各機関から発表される正式な開示情報を
ご確認下さい。利用者の損害について、誤字、誤配信を含め、いかなる
場合においても当方では責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



【引用もとの記事】
 
『首都圏新築戸建成約件数、3期連続で減少 アットホーム(住宅新報)』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070913-00000003-jsn-ind


『8月の首都圏マンション発売戸数、8カ月ぶり増加(iZa)』
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/policy/84332/



コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。