スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




依然として厳しい東証リート市場




【REITが分る不動産ファンド入門】


東証REIT指数は、およそ一ヶ月ぶりに大幅下落することとなり、
低空飛行を余儀なくされる状態にあります。



米金融大手が発表した第3四半期決算がサブプライムローン問題
により、深刻な被害を被っていることが明かになりました。



こうしたことから、米国株式市場は再び乱高下を繰り返しながら
大きく下落する相場を形成させられることとなりました。



米国の金融関連企業のみならず、日本でも野村證券が同様にサブ
プライムローン問題により700億円超の損失を被ったことが明かに
なり、来週から日本でも中間決算の発表が本格化することから同様
なケースが多発することが予想されます。



そんな中、産業ファンド投資法人がJ-REIT42番目として東証リート
市場に上場したのですが、初値は、発行価格480円を4%下回る460
千円となり、厳しいスタートを切ることとなりました。



東証が発表した投資部門別売買状況によりますと、9月のJ-REITは、
外国人、金融機関が買い越しとなっとおります。



ここ最近の東証リート市場が低迷した状態にありながらも売買高は、
依然として、外国人の比率が50%以上を占めています。



こうしたことから、J-REIT相場が、外国人の動向に左右される環境
下にあることは明らかで、今後も外部要因により大きくリート市場
は影響を受けこととなりそうです。




応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※REITへの投資は必ず自己責任の範囲内でお願いします。 

REITへ投資する前に各機関から発表される正式な開示情報
をご確認下さい。誤字、誤配信を含め、いかなる場合において
も一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



tag : 東証 リート

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。