スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産価値を見抜く力がより重要に


かなり古い話なので、恐縮ですが、以前、大手不動産流通業の5社が
不動産オークション協議会を設立して大きな話題となりました。



そして、不動産オークション協議会を設立の目的を会見の席で問われ
ると関係者を前に以下の通り述べております。



「個別特性の強い不動産が商品となる不動産流通市場においては、
同種・同品質で供給可能な一般消費財と比較し、価格形成の透明
性の確保が課題と認識しております。」



不動産オークション協議会が今後どのように発展していくかは、今の所
未知数です。また、不動産オークション協議会が運営するオークション
市場が一体どれくらいの規模になるかもわかりません。



しかし、全体の流れとして不動産市場を見た場合には、もはや、オーク
ションという手法を用いた価格形成までの工程が、一般的になることを
抑えることはもはや不可能だと思います。



これほどまでに不動産市場が大きく低迷している状況下では、流動性
を活性化するために手段として有効と考えられます。



そして、実際にこうした媒体を利用する際に、一般の投資家がすべき
ことは、市場の価格変動を読むことではなく、不動産の価値そのもの
を見抜く力を養うことではないかと思います。



不動産の価値を見抜く力とは、Aという不動産を分析した場合●×万円
なら買うという投資判断が下せることで、この不動産が買いなのか、
売りなのかを分析する力が必要だと思います。



不動産に自分なりの適切な価格付けが出来る、出来ないでは、その差
が大きくなるのことは間違いないと思います。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産市場

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。