スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITの価値を測るオフバランスの仕組み


基本的にオフバランスとは、本来企業会計におけるバランスシート(貸借対照表)から計上された資産を
はずして集計します。 できるだけ、分りやすく解説させていただくために、少し大げさに解説させていた
だきます。まず、都内の商業エリア内に100億 円の融資を受けて自社ビルを購入します。


この場合、バランスシート上は、建物:100億円/借入金:100 億円として計上することができます。
そして、この会社は、その他にも資産が100億円あるので、これ により総資産が200億円となります。


もし、仮に今年度にあげることができた利益が100億円となったとします。あくまでも仮定です、この会社
の総資産利益 率(ROA)は50÷200×100=25で25%となります。


その後、この会社が100億のビルを売却します。そして、売却先から賃貸したことにより、 会社全体の
資産は100億円まで下がることになります。そうなりますと、利益は100億円のままとすると、この会社
の総資産利益率(ROA)は次の通りです。 50÷100×100で50%になります。
 

ROAは企業の経営状況を判断するために用いらる指標です。基本的にROAが高い方が、効率よく経営
されていることになるわけです。 そして、自社ビルを所有するのをやめて、売却して賃貸することによって
資産を減らすことによってROAは大きく改善することができます。


こういった形で収益のバランスを確認しながら長期間に渡って一つの物件を運営していくことになるわけ
ですが、不動産の場合は投資する物件の規模が大きくなればなるほど難しいです。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。