スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITで本格的に不動産投資をはじめる


昨年は、首都圏を中心に地価が高騰するなどの影響によって、
不動産市場が大きく変化することとなりました。


地域によっては、1年で5倍以上に上昇しております。


また、ここ数年で不動産投資が大きく見直されることとなり、これ
まで株式など、他の金融商品を中心に投資活動を行なっていた
個人投資家も多数不動産へ資金を投入しております。


このため、一気に不動産物件に買いが入ることとなりました。


2001年頃には簡単に所有することができた物件を同じ条件で探
しだすことはもはや不可能となっております。


不動産投資では、株式投資などと違い、思惑通りに動いた場合、
偶然であることが少ないです。


必ず根拠ある理論と事実に基づいたウラ付け存在します。


そのためにも、不動産投資の真の構造を理解する必要があるの
ですが、残念ながら、不動産への直接投資は多額な資金が必要
であるために、自己資金だけでは行なえません。



ですので、株式投資のように売買を繰り返しながら経験を積みな
がら少しずつ学んでいくということが現実的ではありません。



また、不動産投資は長期的な投資ですので、投資が成功したと
判断が下せるまでには10~20年の年月を要します。


なので、気軽にはできません。


こうしたことから、REITへの投資を行いながら、ファンドの株主総会
や、セミナーなどで不動産投資への知識だけは常に磨き続け将来
へ備える必要があると思います。


【情報満載】 不動産投資のことならHOME'S(ホームズ)!




※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。