スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産価値を測る収益還元法について


収益還元法(しゅうえきかんげんほう)とは、不動産鑑定評価の
算定方法のひとつで、すでに欧米では不動産鑑定評価の手法
としては定番となっております。



不動産物件を購入するにあたり多くの方々が、銀行から借り入
れを行なって購入され、自己資金だけで購入される方は非常に
少なく、また、気軽に購入できるものではありません。



不動産投資に限らず、自分の住居として購入する場合も、でき
るだけ適切な価格で購入したいと思うものです。



日本でも、不動産鑑定評価基準が改正されたことにより、欧米
にならって積極的に用いられております。



収益還元法を用いることにより、不動産投資という点から見た
不動産の実態価格を算出できます。



算出方法についてですが、不動産価格を収益である年間賃料
を利回りで割ることによって収益価格を求めます。



例えば、賃料収入が年間3千万円のオフィスビルがあり、不動産
投資の利回りの平均が5%と仮定します。


   3000万 ÷ 0.05 = 6億円
   
   
このオフィスビルの価格は6億円と鑑定することができます。


【情報満載】 不動産投資のことならHOME'S(ホームズ)!




※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : オフィスビル

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。