スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITファンド12月末純資産は減少へ


今年に入り、株式市場に牽引される形で東証リート指数も連日
のように年初来安値を更新しております。



今現在、サブプライムローン問題により米金融大手の第4四半
期決算が発表されているのですが、総じてサブプライム関連の
評価損を膨らましていることから大幅な赤字を計上してます。


今後しばらくは日米ともに下値を模索する展開が続きそうです。


そんな中、ロイターからREIT(不動産投資信託)に投資する国内
籍公募ファンドの12月末の純資産残高が発表されました。



それによりますと、前月末比0.2%減の10兆0577億円となり、
こうした背景には海外のREIT相場の下落などを嫌気されたこと
が主な要因としてあげられております。



事実、サブプライム問題の発祥の地である米国以外にも、豪州
や、欧州などでも相場が弱含みの展開が続いております。


やはり、資産価値が目減りしていため解約されているようです。


そしてREITファンドのうち155本は定期的に分配金を支払うタイプ
で、株価との相関が低いことが特徴としてあげられ、リスクや資産
を分散するための商品として高い人気を誇っていました。



しかし、市況が芳しくない上に、金融商品取引法が施行されてから
というもの銀行の販売が減速しております。



これによりREITはかつてほど注目されておりませんが、指数下落
にともない分配金の利回りが向上しますので、そのうちこうした面
が見直されることを期待します。


【情報満載】 不動産投資のことならHOME'S(ホームズ)!




※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 東証 リート

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。