スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




J-REITの上場までの仕組みについて


今年に入ってからというもの、連日のように東証リート指数は
最安値を更新しており、いまだ底値が見えておりません。



REITの収益の多くは配当として分配されるので、配当性の高さ
がREITの魅力の一つなのですが、あまりアピールされていない
ように思いますので、REITについて改めて解説させて頂きます。



不動産とは、文字通り、動かない資産、つまり土地や建物のこと
をさすわけですが、流動性が低いので、株式市場のように売り手
も買い手も少ないため、簡単に売買することはできません。



特に不動産は高額ですので、たとえば50億円の物件を持ってい
る人から、買い手を捜してくれと頼まれても探すのが大変です。



しかし、その50億円のビルの所有権を10000等分することにより、
1口50万円の証券にすれば買い手も探しやすいと思います。



上述した流動性に関する問題以外にも実際に不動産を売買する
にあたり、さまざまな規制があるので簡単に売買できません。


しかし、証券化することで株式と同じように売買できます。


こうして、2001年に不動産の流動化に対する規制が大幅に緩和
されることで、REITは東証に上場しました。


【情報満載】 不動産投資のことならHOME'S(ホームズ)!




※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ





テーマ : J-REIT
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 東証 リート

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。