スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




海外不動産の鑑定でガイドライン策定へ


住宅新報の記事によりますと海外不動産を鑑定評価する際に
不動産鑑定士が参考にするガイドラインを国土交通省があら
たに策定したもようです。



今回作成することになった背景には不動産市場のグローバル
化に対応し、Jリートに海外不動産の組成に対する解禁につな
げるのが狙いとされております。



ガイドラインでは、不動産鑑定士は海外で認定・公認された
鑑定人と連携・共同して鑑定評価を行うものとした。



また、連携・共同作業に関しましては現地鑑定人を補助員と
した方式と、現地鑑定人の鑑定評価を検証して行う方式の2
種類が挙げられております。



現地鑑定補助方式についてですが、現地鑑定人から現地の
取引事例、市場動向などの基礎資料を入手します。



そして、これらの資料を検証および分析することによって、
現地鑑定人からの具体的なアドバイスなどを受けながら、
鑑定評価を行うもようです。



一方、現地鑑定検証方式は、不動産鑑定士として、現地鑑定人
による鑑定評価書の評価や、鑑定評価額を検証することで鑑定
評価を行うとしております。



今現在、REIT市場が大きく低迷しているので、こうした商品力
のアップにつながる案件がもっと増えることを期待します。


【情報満載】 不動産投資のことならHOME'S(ホームズ)!




※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。