スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産投資がインフレに強い本当の理由



不動産関連の書籍をみていると必ずといっていいほど、不動産
投資はインフレリスクに強いとされております。


しかし、本当にそうなのでしょうか?


たしかに、土地神話が生きていた80年代後半から90年代初頭ま
でであれば人々の生活レベルは確実に向上しておりましたので、
物価上昇した場合、大きな資金が不動産市場に投入されました。



今現在、当時とは人々の生活スタイルも向上はしているかもし
れませんが、それまでのように労働賃金が上昇し続けるという
ことがありませんので、流通面で不安があります。



これは、不動産にかぎらず、あらゆることにあてはまると思うの
ですが、実際に、卸売物価が消費者物価に転嫁されてません。



こうした背景には流通形態が大きく変化したことが主な要因と
してあげられると思います。



たとえば、パソコンを例にとっても、機能は日々進化しており、
時代のニーズに合せた機能が搭載されているにも関わらず、
実際に市場にて販売されている価格は下落し続けています。



主な要因としては、やはり、量販店の価格競争が激化している
ためメーカーも従わざるえない状況にあるからだと思います。



また、量販店側もネット通販のオープンプライス販売によって
先の見えない価格競争が継続している点もあげられます。



こうした点を踏まえて、賃貸業の状況を考えて見ますと、一部
の商業地域のオフィスビル、人気スポットにあるマンションを
除いて、賃料を下げざるえない状況が続いております。



こうした点を考慮して不動産投資を行う必要がありそうです。


【情報満載】 金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。