スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITなどの金融商品のリスク高まる



REITへの投資に限らず金融商品に投資する上でリスクは必
ず存在し、こうしたリスクを避けることはできません。



金融商品への投資におけるリスクについてですが、投入した
投資資金よりも、大きな利益を得られる可能性がある反面、
反対に大きな損失を被る可能性があります。



こうしたことから、金融商品への投資は利益となったり損失
となったりする幅が広がることでリスクが高まります。



REITなどの金融商品へ投入した資金以上の利益を確実に
得られるのであれば、それはリスクがないことを意味します。



リスクがない金融商品の代表としては国債があげられますが、
日本の国債は国としての経済状態が依然としてあまり良くな
いので、格付けとしては先進国の中では最低です。



昨年、格付けがあがったことで、日本経済が再び大きく前進
していることを政府はアピールしたかったのだと思いますが、
サブプライム問題が浮上したことで再び後退感が漂ってます。



サブプライム問題により、サブプライム関連の債券をはじめ
様々な金融商品を保証している金融保証会社のモノライン
自体がおかしくなり始めています。



こうなると、今後はどの金融商品全体の信用が大きく下がる
のではないかと思いますので、リスクに対して投資して得ら
れる利益は確実に少なくなると思います。



サブプライム問題は、今年中ごろまでに峠を越え、それ以降
は年末にかけて株式市場は回復に向かうと予想されています。



REIT市場は、株式市場に牽引されるように大きく低迷してい
るので、もし株式市場が回復に向かえば、それにともなって
回復する可能性が高まります。



その時注意しなければならないのは、金融商品としての信用
は目に見えない形で下がっているので、こうした状況下で、投
入した資金以上の利益が得られる可能性は低下しています。



ですので、サブプライム問題が浮上する前の感覚で投資し
てしまいますと、大きな痛手を被ることになります。



こうしたことを避けるためにも、慎重に投資を進める必要が
あり、たとえば、以前であれば、2回に分けて、買い進めて
いたところを5回に分けます。



常に市場での動きを伺いながら行なう必要があるからなので
すが、思惑が外れた場合は速やかに撤退しましょう。


<PR> 不動産投資のことならHOME'S(ホームズ)へ





応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ


※REITへの投資は必ず自己責任でお願いします。 

REITに関する記事の内容の誤り誤字、誤配信を含め、
一切責任を負いませんのでご了承ください。

REITが分る不動産ファンド入門トップへ



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。