スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




物件を多く所有することのメリット


今現在、米国の金融不安が重くのしかかる格好で国内の不動産市
場が非常に厳しい状況におかれることになりました。



こうした状況は金融不安が一定のレベルまで改善されるまで続くこ
とが予想されていますので、REIT市場もそれまでの間は低迷する
ことは残念ながら避けられそうにありません。



しかし、だからといって全ての銘柄がこうした状況に陥るかと問われ
れば実際にそんなこともなく、銘柄によってはこうした状況下にあわ
せた運用を行なうことによって健全化を図ります。



今後はますます2極化が進むことが予想される中で、今回はREIT
の成長要因に関して簡単ではございますが解説させて頂きます。



運用資金が豊富にある状況下では新規で物件を取得することによ
ってREITの資産規模を拡大し、それに伴い利益も拡大します。



そして、資金調達のために仕方なしに物件を手放さざるえない状況
が続いていますので物件価格が底をついたら、こうした戦略を実行
するのも一つの手段だと思います。



こうすることにより、物件が増えますので、必然的に分散投資効果
が高まりますので、様々なマイナス要因に対処可能です。



もし所有されている物件が安定した収益をあげられるようになれば、
これらをベースに、比較的リスクの高い投資ができます。そうする
ことでハイリターンが期待できるのです。



また、所有される物件が増えるにあたり、有益な情報が入手できる
可能性が広がりますし、取引業者に物件の管理を委託する上でも
有利に交渉することができますので、メリットは大きいです。



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。