スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ファンドの特別目的事業体について


不動産ファンドは不動産を証券化することで成り立つ金融商品ですが、証券化する際の受け皿
となるのが、SPEもしくはSPC(特別目的事業体)です。



ちなみに、SPEはSpecial Purpose Entityの略称で、SPCはSpecial Purpose Companyの略称
となっています。SPEの役割は非常に多様性を含んでいます。



株式会社としての役割を担う時もあれば、特別法に基づいた特定目的会社や投資法人として
の役割を担う時もあります。基本的に不動産物件の取得はSPEが行ないます。



そして、資金調達に関してもSPEが実際に投資家を募って証券を発行した商品を購入してもら
うわけです。結果としてSPEは不動産を証券に転換するための受け皿として機能します。



もし、首都圏の商業エリアにある200億円のオフィスビルを証券化するのであれば、SPEは、
200億円の証券を発行して投資家に購入してもらいます。



そうすることで得た資金を元にビルを購入できるわけです。不動産ファンドは金融商品ですから、
それなりに、投資家に利益を配分する仕組みがなければだれも購入しません。



投資家が得られる利益は配当収益です。この数値が高ければ高いほど、投資家側は分配金
が支給される場面では、それ相当の収益をてにすることができます。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : REIT 不動産ファンド オフィスビル SPC SPE

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。