スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ファンドのエクイティ投資の流れ


基本的に不動産ファンドは投資家の不動産に投資したいというニーズを満たすものでなければなりま
せん。金額が金額なだけに、ただ資金を調達して収益物件で運用すれば良いわけではないのです。


今回はエクイティ投資で投資家が不動産ファンドに出資する流れを解説させて頂きたいと思います。
投資家からエクイティ出資を受けるプロセスは実に多種多様となっています。


実際に投資家および不動産ファンドの商品特性などの条件によって大きく異なります。こういった点が
エクイティ出資とノンリコースローンで資金を調達するのとは大きな違いです。


そして、こうしたプロセスをコントロールするのは投資家から依頼を受ける格好でアセットマネージャー
が中心になって行います。そして、投資家とアセットマネジャーが入念に打ち合わせを行えいます。


もし、不動産ファンドとして運用するのにふさわしい不動産物件がすでに確定している場合には、しっか
りと投資家に対して対象物件やファンドの概要が説明されることになります。


反対に投資する不動産物件が決まっていない場合は、投資家に不動産ファンドの将来的な投資方針
や投資するさいの基準を明確に伝えなければなりません。



テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド エクイティ

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。