スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITの収益を確保する方法について



これまでREITは分配金の利回りが高いうえに比較的安定した利益が期待できる点が大きな魅力
の一つとされていましたが、市場全体が成長し続けるということが条件です。


REITに限らず金融商品への投資は、いうなれば成長性へ投資するのが本来の目的です。


成長が期待できない金融商品に投資したいとはだれも思いません。


REITを成長させる過程について簡単に解説させていただきます。


まず、REITが実際に運用されているマンションやオフィスビルなどの賃料収入を増加させること
によってで収益性を拡大することができますが、景気が悪いと難しいです。


特に今現在のような状況では非常に難しく、入居者の確保も容易ではありません。


市場全体が低迷しているときには大胆な投資はできませんので、運用している投資物件の運営
コストを定期的に見直しながら削減できる点は削減します。


こうすることで多少であれば不況下でも収益性を拡することができます。


そして、投資している投資物件の空室率を抑えることで賃料収入を安定させることで物件の価値
を保ちながら、優良テナントを獲得することで大きな収益アップを図ることも可能です。



当然のことながら不動産投資は賃料収入が収益拡大のカギとなります。


REITは不動産市場が好調なときは成長性を高めることができます。


一方、反対に低迷しているときは成長性が鈍化します。


しかし、市場全体が低迷しながらも、REITによってはうまいことよそが手放した収益性の高い物件
を獲得することで収益性を保っているところもあります。





テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド REIT

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

REIT 不動産ファンド リート キャッシュフロー 不動産投資 東証 オフィスビル 分配金 不動産市場 オフィス 私募ファンド 減価償却 不動産評価法 SPC法 オフバランス 投資ヴィークル J-REIT 不動産 不動産投資信託 不動産会社 賃貸物件 ファンドマネジャー 不動産証券化 FFO 借入金 DCF法 エクイティ SPE トヨタ 野村不動産 リスク サービス付き高齢者向け住宅 カーシェアリング SPC 東京証券取引所 自己資本 J-REIT 投資法人 ダイナミックDCF法 アセットマネジメント リート指数 私募型不動産ファンド プロパティマネジメント クローズド・エンド型 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。